YS−11と再会

日本各地、さらには世界各地で活躍した名機YS−11が余生を送るスポット紹介。


屋外展示のYS−11(みちのく北方漁船博物館)

わざわざJAS塗装を施したJA8809。私自身も屋久島→鹿児島で利用した思い入れある機体。

機内へ(みちのく北方漁船博物館)

オープン時間終了後にもかかわらずわざわざオープンして頂くことができました。感謝。

各種機内表示&カーテン(みちのく北方漁船博物館)

カーテンの付いていたYSは2機しか居なかった貴重品。

コクピット&形式表示(みちのく北方漁船博物館)

こちらも保存状態は良好。

YS−11外観(みちのく北方漁船博物館)

YS−11の歴史上、この塗装で活躍した期間はさほど長くはありませんでした。

三沢航空科学館に展示されているYS−11(JA8776)

国内では珍しい屋内展示。

機内へ(三沢航空科学館)

大筋原型は留めているものの、監視カメラや追加照明が目立ちややがっかり。

貨物スペース&レトロなマイク&洗面台(三沢航空科学館)

貨物スペースも公開中。

外回り(三沢航空科学館)

屋内展示のため鳥の巣の心配は無用。

所沢航空公園に展示されているYS−11(JA8732)

こちらは年に数回一般公開。国内の展示機ではもっとも状態の良い部類の機体です。

かかみがはら航空宇宙博物館に展示されているYS−11(JA8731)

晩年はエアーニッポンで活躍した機体。

さぬき子供の国に展示されているYS−11(JA8743)

コクピットにも機体にも妙なカバーが掛けられ少しがっかり。

コウノトリ但馬空港に展示されているYS−11(JA8734)

こちらは内部見学不可。

有明佐賀空港に展示されているYS−11(JA8733)

保存状態は良好。コクピット、キャビン共に見学可能。ちなみにこの機体が100機目のYS−11。

航空科学博物館のYS−11

成田空港に隣接する博物館。試作器展示中。

航空科学博物館のYS−11

34Lアプローチコースのすぐそば。

電車とバスの博物館のYS−11

東急宮崎台駅に隣接する博物館。シミュレーターとして展示されています。


オマケ YS−11のレストラン「スカイドリーム」

 愛媛県伊予郡松前町の国道56号線沿いのレストラン。フィリピンに売却された元全日本空輸のJA8756を分解輸送して再構築したという力作でしたが、残念ながら開店半年も経たずに閉鎖。私が訪問したときには機首部分にはカバーが掛けられていました。ぜひとも内部見学してみたかったところです。

レストラン「スカイドリーム」外観

国道56号線沿い。周囲は農地。

「スカイドリーム」の看板&ゲート&プロペラ

ボーディングブリッジを模したゲートから機内へ進んだようです。

機首部分&尾翼&はずされた車輪

残念ながら機首部分にはカバーが掛けられています。


もうひとつオマケ 木村秀政記念ホール

 青森県五戸町にある施設。YS−11開発に携わった木村秀政に関する展示があります。

五戸図書館&N-58シグネット

木村秀政記念ホールは五戸図書館内に設置。

YS−11の模型&レコード

YS−11ゆかりの品々。

YS−11図面&YS−11ジェット想像図

ジェット化計画まであったYS−11。


Visitor Number Since Nov.28, 2005


| さよならYS−11 |


| N.Hirai's Homepage | さよなら香港啓徳機場 | 旧広島空港を懐かしむ |


Copyright 1995-2006 Nobuhiko Hirai. All rights reserved.